遠い国を旅するあの人からお便りが届きました。見たこともないような美しい景色の写真と、
今にも現地の音や匂いやが漂ってきそうな情景。旅の手紙はあなたへのバトン、次はどこへ行きますか?

2

ベルリンへようこそ! - Willkommen in Berlin

author オカッパさんとおヒゲさん

何でもスピーディーに進めたがる日本人のオカッパさん(朝陽このみさん)と、とってものんび〜りなドイツ人のおヒゲさん(朝陽ヨヘンさん)。そんなベルリン在住のご夫婦が、ベルリンを中心にドイツの街を案内します。

1

carbon 旅に出る

author carbon

大阪谷町六丁目にある雑貨店carbon。店主は今日も次の旅のことを考えています。台湾、パリ、ハワイ、ポートランド…旅からから戻ると、carbonの店先に並ぶ商品がほんの少し旅の空気を纏ってお客さんをお迎えします。

6

写真を通して見る世界

author 今野 雅夫

フリーライター兼カメラマンとして世界を旅する今野さん。『地球の歩き方』などに寄稿するかたわら、旅のポストカードを作って販売しています。カメラを通じて写し出された世界各地の人たちが、今日も写真の中から旅の記憶を語りかけます。

4

暖かな夜、透明な朝。

author 岩本 佑介

昨今のゲストハウスブームの中でもひときわ異彩を放って注目されているのが京都市にある「North+Key Kyoto(ノースキー京都)」。オーナーの岩本さんは、自身の旅の経験から「旅人にとって本当に居心地のいい空間とは何か?」を追求します。

3

レマン湖のほとりから

author 山木 里美

スイスのローザンヌに移住した山木さん一家。この冬(2015年)にはレマン湖の畔で9回目のクリスマスを迎えます。アルプス山脈に臨む本場ヨーロッパの街角から、クリスマスの様子を伝えてくれるお便りが届きました。

4

小値賀町斑島のお昼ごはん

author 大原 伸恵

斑島(まだらじま)は小値賀島(おじかじま)を本島とする属島で、長崎県の北西に浮かぶ人口300人足らずのとても小さな島。2015年6月に島の小中学校では待望だった給食制度が始まる中、調理師の大原さんは食育や島の暮らしについて考えます。