Konomi Asahi

ベルリン滞在サポート/イラストレーター

食いしん坊でアイスクリームが大好きなイラストレーターの朝陽このみさんと、探究心が強く歴史好きな朝陽ヨヘンさんは、ベルリン在住のご夫婦。人呼んで「オカッパさんとおヒゲさん」。「ベルリン暮らしのサービスセンター」としてベルリンの暮らしをサポートします。

連載中ベルリンへようこそ! - Willkommen in Berlin

nuri candle exhibition 月と一角獣

ハイデルベルク城

はいでるべるくじょう

ドイツで最も有名な城趾のひとつ。プファルツ選帝侯の居城として建てられたが、戦火の中で崩壊と再建を繰り返し、やがて廃城となった。現在ではその価値が再評価され、年間で100万人以上の観光客が訪れる名所として知られている。旧市街地を見渡す高台にあり、徒歩またはケーブルカーで行くことができる。

3ハイデルベルクの街を歩く

マルクト広場のカフェでコーヒーふたつ

ハイデルベルクのマルクト市場(Marketplatz)

駅での朝タイムを終えた2人はようやく街の中心へ。クリスマス、しかも朝ということもあって人は少なく静かです。ただおヒゲさんが言った様に開いてるカフェは結構ありました。それを見て安心したのかオカッパさん、いつもの如く急にトイレに行きたくなりました。

「じゃあ開いてるそこのカフェへ!」

おヒゲさん行きつけのMaxBar

大体のドイツのカフェでは50centくらい(約60円)払えばトイレを借りることが出来ます。公共トイレが少ないドイツでは、カフェはお茶や食事のためだけでなくトイレ代わりにもなる有り難い存在です。オカッパさんを救ったそのカフェはMarktplatz(編集部注:市場のこと。マルクト広場とも言う)にある「MaxBar」。おヒゲさんが学生時代によく通ったカフェバーでした。せっかくなのでコーヒーを飲むことにした2人。

「Bitte zwei Tassen Kaffee.(コーヒーふたつください)」

私達の他に常連さんと思われる男性とその相棒の犬。ドイツの犬はしっかり躾けられているためほとんどの犬が本当にお利口さんです。その犬もご主人様のそばでじっと彼を見つめていました。濃いめで美味しいコーヒーを楽しんでさぁ再スタートです。

いざハイデルベルク城へ!

街の中腹にそびえ立つハイデルベルク城

ハイデルベルクといえばやはりハイデルベルク城。お城までのケーブルカーもありましたが、散歩好きな2人、そこはもちろん徒歩をチョイスです。

「さぁ行こう!」

はりきって歩き始めたものの、2人はちょっと後悔しました。その坂道が本当に急なのです。そして足におもりが付いたのではないかと思うくらいなかなか登れないのです。お城まで遠い訳でもないのにケーブルカーが設置されている意味が分かりました。ということで足腰に自信がない方にはケーブルカーに乗ることをお勧めします。

けれど頑張って登った甲斐がありました。
本当に素晴らしい景色をドイツの空気と共に見ることが出来ます。すぐ下を流れるネッカー川、そして歴史溢れるハイデルベルク城の全貌。写真を撮らずに帰る人はいないのではないでしょうか。ちょっとロマンチックにその眺めを楽しむ2人。ですが花より団子、腹時計は正直です。


ランチにはドイツ風の餃子「マウルタッシェ」を

ドイツの餃子?マウルタッシェ

街の中へ戻り、メインストリートHauptstraßeにある「Zum Weissen Schwanen」に入りました。開いている店が少ないこの時期は迷う必要がないのである意味ラクチンで良いかもしれません。とても落ち着く内装の典型的なドイツ料理が食べられるこのレストランではやはりこの地方の名物である「マウルタッシェ」を注文することに。「マウルタッシェ」とは「ドイツ風の餃子」といった感じでしょうか。日本人の口に合うドイツ料理だと思うのでメニュー選びに迷ったらこちらを注文すると良いかと思います。美味しいビールと共に大満足なランチタイムとなりました。


大好きなシュネーバルを食べ…たかった

ローデンブルグ名物「シュネーバル」

その後また街中を探索開始。するとオカッパさん、大好きなSchneeball(シュネーバル)屋さんを発見!ローデンブルグ名物のこのお菓子、ベルリンでは未だ見つけられないのですが、ハイデルベルクには美味しそうに並んでいました。2人の食後の別腹は準備万端でしたが残念ながらお店はクリスマス休暇中。ウィンドウ越しにじっと眺めてその場を去りました。

そんなこんなで気付いたら電車の時間。今回はクリスマスという本来なら観光に向かないシーズンの旅ではありましたが、「とても楽しかったね」と電車に乗り込んだ2人だったのでした。

nuri candle exhibition 月と一角獣

連載中ベルリンへようこそ! - Willkommen in Berlin

1

2月14日公開

ハイデルベルクへ、LOCOMOREの旅

ベルリン在住のオカッパさんとおヒゲさん。去年の年末はクリスマス帰省の前にハイデルベルクにちょっと寄り道。2016年に新しく開通したばかりのLOCOMOREに乗って5時間の電車の旅でした。

2

3月14日公開

ハイデルベルクに到着

ハイデルベルグに到着したオカッパさんとおヒゲさん。クリスマスイブの祝杯をあげるためにビールとおつまみを求めて24時間営業のSpätkauf(シュペートカウフ)を探したけれど…。ベルリンから約650km、ハイデルベルグ事情。

3

5月16日公開

ハイデルベルクの街を歩く

ハイデルブルクの朝を迎えて街に繰り出したオカッパさんとおヒゲさん。市場でコーヒーを飲み、いざハイデルベルク城へ!ケーブルカーを使わずにあえて徒歩での登山に挑戦したものの…。ハイデルブルク散策を堪能したふたりは楽しい休暇を過ごしました。

4

6月6日公開

5日間のベルリン観光ガイド

5日間のベルリン観光ガイドの依頼を受けたオカッパさんとおヒゲさん。しかも今回はドイツ語勉強中のオカッパさんひとりでのご案内!日本からはるばるやって来るお客さまにベルリンの旅を楽しんでもらうために、しっかりとした準備をしてベルリン中央駅での待ち合わせに備えたものの…。

5

7月11日公開

ドイツビールで乾杯!

日本からのお客さまを迎えてベルリン案内をするオカッパさん。思いがけないトラブルもありましたが、“Siegessäule(戦勝記念塔)”や“Tiergarten(ティーアガルテン)”など、ベルリンの名所をご案内して、ひとまず到着を祝ってドイツビールで「Prost!!(乾杯)」。

6

8月15日公開

フクダ社長、ベルリンへようこそ!

フクダ・ロングライフデザインの福田社長をベルリンでお出迎え!ハードなスケジュールでヨーロッパとベルリンを観光されるアクティブなフクダさんに、オカッパさんとオヒゲさんもすっかりガツガツモードに。ベルリンのいいところを全部案内できるでしょうか…?