Kubota Jun

画家

1956年東京生まれ。東京藝術大学形成デザイン科卒業。会社員、フリーランスでの広告の仕事を経て2009年より絵画を発表。個展・グループ展等多数。鎌倉在住。

雲の行方

Lune de Noel & Etoile de Noel at carbon & 8HATI

鎌倉

かまくら

神奈川県、三浦半島の西側にある街。かつて鎌倉幕府が置かれ、高徳院の大仏を始めとする歴史的建造物が今でも多く残っている。南側が一面太平洋に面しているため、関東地方の有数のサーフスポットとしても人気がある。吉田秋生原作、是枝裕和監督の『海街diary』や、NHKのドラマ『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』、現在上映中の『DESTINY 鎌倉ものがたり』など、鎌倉を舞台とした作品も多い。

1絵と言葉・絵本『なみにのる』

久保田さんとの出会いは鎌倉での水彩画教室でした…(久保田さんとの出会いを2〜3行で)

KAMAKULANIキュレーター 出来忍

初めての絵本と原画展

原画展前夜、スロープギャラリーのガラスに貼られた文字。搬入を終えて。

2017年10月25日に、わたしは、初めての絵本『なみにのる』をブエノ!ブックスから上梓しました。水彩で波乗りを描いていて、短い言葉が添えてあります。合わせて10月25日から11月30日までその原画展をスロープギャラリーで行いました。第1回はそのことについて書こうと思います。

絵を描くために波に乗る

今年の春、庭の八重桜の花びらとサーフボード。

鎌倉に住んで17年ほどになりますが、そもそも鎌倉に住むようになった大きな理由は波乗りができるということでした。最初のころの個展も波乗りを主題としていて、波乗りをしながら波乗りの絵を描く、というのは、絵を描くために波乗りが必要だということで、平日の昼間に波乗りをしている後ろめたさを払拭してくれる素晴らしい考えだと思ったものです。

個展を繰り返すうちに、わたしは、絵の間に短い文章をはさんで展示する、という試みを始めていました。絵画というものが言葉というものと密接に関係している、という思いが、絵を描くという行為を続ける中で強くなっていきました。そこには、自分にとっての絵画を再定義したい、という欲求もありました。

絵画とは画家固有の言語なのではないか…

2014年、目黒のmaruse B1gaiieryでの個展「在ることについて」で展示した文字パネル

絵が言葉とどう関係しているか、という問題は、考えれば考えるほど深く多様で、今のわたしにはここに書き表すことはとてもできません。しかし、例えば、画家は「もう少し色を濃くしよう」とか「バランスが悪い」などと言葉に置き換えながら絵を描き進めますし、鑑賞者も「色がきれいだ」とか「線が力強い」というように絵の印象を言葉に直す、というように、絵は絶えず言語化されています。

小松左京氏と高梨秀爾氏の対談集『絵の言葉』、時々読み返す。

絵画と言語という、一見全く違うものに感じるものが実は密接している。絵画は言語の一部なのではないか。あるいは、絵画とは画家固有の言語なのではないか。絵を描きながら、そういう思考が頭の奥の方で常に通奏低音のように響いているように感じるのです。

今年、出版社であるブエノ!ブックスの運営するスロープギャラリーから展示の話を頂いたとき、わたしは絵と言葉を組み合わせて、まずブエノ!ブックスで本を作ってもらおうと思いました。

本という、わたしが普段ギャラリーでやっている、絵を展示して人に見せるというということとは別のかたちで、わたしの絵画と言葉に対する考えを提示することができるのではないか、と考えたのです。主題を波乗り決め、ブエノ!ブックス代表の上平論さんと編集の森本由美さんに同意していただき、白谷敏夫さんにブックデザインをお願いしました。

絵本『なみにのる』の完成

『なみにのる』の帯には、「おいしい牛乳」などのパッケージデザインで有名なグラフィックデザイナーの佐藤卓さんから寄せられたコメント。

「なみにのる」のエスキースの一部

こうして、わたしの絵と言葉をつなげた初めての絵本『なみにのる』は、でき上がり、上梓され、合わせて、原画展をスロープギャラリーで行いました。

絵と言葉が、何かのかたちで無理なく融合できれば、画家も鑑賞者も、絵画というものをより深く理解できるようになるのではないか。画家として、わたしはそのことを生涯考え続けるのだろうと思います。

その一環として、わたしは、絵本という形式を、絵画の個展と並行して、今後も展開していきたいと考えています。


Lune de Noel & Etoile de Noel at carbon & 8HATI

雲の行方

1

12月19日公開予定

2

公開予定

3

公開予定